宝仙学園小学校

公開授業・学校説明会

資料請求・問い合わせ

交通アクセス

教育方針

宝仙学園小学校の教育

宝仙学園小学校の教育の概要を紹介します。
本校は昭和28年に開校しました。学校の規模は全学年2学級編成で、児童数は定員ですと35人学級の420名ですが、おかげさまで志願してくださる方が多く、少しでもご要望に応えるため、現在は450名が学んでいます。

心の教育

本校は仏教精神を基調に「建学の精神」である「慈悲の心」を教育の根幹において、思いやりの心、報恩感謝の心、奉仕の心を育むように努めています。 これは、仏教を押しつけるものではなく、宗教的環境の中で学園生活を送ることにより、情操豊かな人間を形成しようとするものです。

本校の教育目標

そこで、本校の教育目標は、知・情・意・体のバランスのとれた人間形成をめざし、次のような教育目標を掲げております。

 

  1. 心やさしく 豊かな情操をもつ子
  2. 進んで学び 高い学力を身につける子
  3. よく考え 最後までやりぬく子
  4. 体を鍛え きびきびと行動する子

 

この4つの教育目標をキャッチフレーズ的にふたつにまとめ「豊かな情操と高い学力を育む学校」と、紹介させていただいています。

豊かな情操

日頃から「豊かな情操」を育むためにさまざまな教育活動を行っています。 生きる力を身につけるためには、為すことによって学ばせることが大切です。自然体験や勤労体験など、多彩な校外学習を実施しています。夏休みには2年生以上が林間学校にでかけます。
また希望者を募って、夏はテニススクール、冬と春にスキースクール、そしてGlobal Campも春休みに実施しております。

高い学力

高い学力を身につけさせるために本校独自の教育計画に基づき、基礎・基本を重視した授業を展開しています。
授業時数を十分確保するとともに教科担任制や習熟度別学習、放課後の補習など、さまざまな工夫をし、各学年3学期には、次の学年の学習内容を指導します。6年生は1学期に小学校の全課程を修了し、2学期からは国立・私立中学校への進学に向けた指導を行っています。

教員研修

私たちは日々、個人的にはもちろんのこと、教員全員でも研修に励んでいます。
授業及び、生活面の指導力の向上を図り、一人ひとりの個性・能力を見出し伸ばすための努力を続けています。また、毎学期研究授業を行い、授業を全員で
見合って、考えを述べ合ってよりよい授業の在り方を探っています。

充実した進学指導

日頃の授業を創意工夫するとともに、5、6年生の希望者を対象とした補習を、火・木の2日間行っています。最新の受験情報を入手し、提供しながら一人ひとりの力に合わせ指導を行い、保護者の皆様の願いである充実した進学指導の実現を図っています。

師弟同行

児童の教育は一方的に指示・要求するだけでは、心身ともに豊かな児童には育ちません。師弟同行が本校教員の基本的な姿勢です。これはまさに教育の原点であり、これまで本校に勤務した教員が築き、今も脈々と流れている本校の校風です。
授業を中心とし、清掃や給食の時間、そして中休みや放課後の時間をともに過ごし、心の交流を図っています。時には優しく、時には厳しく児童に接し、ともに喜びや悲しみを分かち合い、情操豊かな人間の形成を目指しています。

保護者との連携

教育は、校章の三角形が意味している通り、児童・保護者・教師の三者がよく結びつき、効果を高めていかなければなりません。児童の心を理解し、保護者の皆様とよく連携して進んで参りたいと考えております。