宝仙学園小学校

公開授業・学校説明会

資料請求・問い合わせ

交通アクセス

教科の特色

国語

「言葉の力」を養い「考える力」を育てる

自分らしく生き抜くためには「言葉」は大切です。言葉の面白さや奥深さ、言葉の力を養いながら、「話す・聞く・書く・読む」言語能力を身につけます。ひらがな、かたかな、漢字の書き順や形などの基礎から丁寧にはじめて、自分の考えを伝える力も高めることを目指しています。言語能力を身につけることはすべての学力の土台となり、学力全体を引き上げていく中核を担っています。

ノート指導

わかりやすく見やすいノートを自分でつくる1年生のはじめにノートの書き方を基本から細かく指導します。6年間でわかりやすく見やすいノートを自分でつくることができるようになり、思考力も身につきます。また中学校進学後、板書を写す際にノートの書き方で苦労することもありません。書くことを毎日繰り返すことにより学力全体の伸びが約束されています。

詩のポスト

感動する心と豊かな表現力を養う本校では行事の都度、その行事をテーマに全校で「詩」の制作に取り組む活動を行っています。自分たちの感情や考えを詩にまとめ、絵とともに1枚の用紙を仕上げます。つくった詩は校内に展示したり、行事で発表したりしています。感性が磨かれ、感動する心と豊かな表現力を身につけることができます。

読書

論理的に読み解き、想像力を育て、文章力を磨く読書することは、時代や場所を超えて様々な人物や出来事に出会え、知らなかったことも知ることができるようになるため、大きな経験となります。本校では、論理的に読み解くことを指導しており、子どもたちは読書を通じて、想像力を育て、文章力を磨いています。授業中に関連図書を紹介する、学級文庫を設けるなど、子どもたちが主体的に読書に興味を持つ環境をつくっています。

読書ゆうびん/国語(5・6年生)

読書の幅を広げて心を豊かにする授業で紹介した本、自分のお気に入りの本など様々な本を夏休みに読んだ中から1冊選んで、その感想を書いた絵葉書を教師に送ります。夏休み明けに展示される「読書ゆうびん」を見て、子どもたちは次の本を探したり、読む本の幅を広げたりと、楽しみながら様々な世界に興味を持つようになります。

俳句(6年生)

国語の伝統的な面白さに触れる古典の時代から現代に続いている「日本人の感性」に注目するため、俳句を声に出して読み暗唱する活動をしています。有名な俳句を取り上げ、俳句の加工技法などを掘り下げます。単なる知識にとどまるのではなく、そのさらに奥にある国語の伝統的な面白さに触れることを意識しています。

狂言(6年生)

伝統的な言葉の文化を楽しみ、味わう古典の入り口として、能や狂言を学習します。現代の自分たちが使っている言葉と昔の言葉の違いや、ものの見方・感じ方には変わりがないことなどを知ることで、言葉の力をより豊かに広げることができます。また、昨年は本校の近くにある能楽堂を訪問し能を鑑賞しました。こうした体験学習は、伝統文化を生で感じられる良い機会となっています。

アクティブラーニング

自分の考えを伝え、他人の意見にも心を傾ける力を伸ばすこれからの子どもたちは世界の一員として他国の人と対等に意見を述べ合い、力を合わせ「答えのない問題」を解決していくことが求められてきます。本校では書く力、読む力という基礎・基本の力を身につけながら、自分の考えを伝え、他人の意見にも心を傾けるコミュニケーション力を伸ばすことを目指しています。

国語のニュース一覧ページへ

算数

「論理的な考え方」を身につける

確実な基礎計算力を身につけ、式や図、グラフを用いて情報を伝える力を育てます。1年生のうちから「当たり前だから」ではなく、論理的に考えて答えを導き、その方法を他の人に伝えることを大切に指導しています。算数を単なる知識の伝達に終わらせず、1つの問題で複数の解き方があることを気付かせながら、好奇心と知識を高めていきます。

20までの数(1年生)

自分の考えを発表しながら答えを導く子どもたちに内緒で21匹と20匹のカエルが描かれた2種類のシートを配り、グループごとの答えが合わないことに気付かせて数え方を発表させます。「印をつける」「10匹ずつ丸で囲む」「2匹ずつ丸で囲む」など、各グループが自分たちの数え方の正しさを周りに伝えていきます。1年生のうちから自分の考えを真剣に主張し合いながら答えを導く力をつけていきます。

具体物を用いる

具体物を使いイメージ力を強化する本校では、空間や平面を感覚的に理解するため「フレームワークス」という三角や四角の枠だけで立体物をつくれる教材を用いています。目で見て、手を動かし、五感を使いながら立体物のイメージを把握していきます。慣れてくれば直感も働きます。具体物を操作することでイメージ力を高め、応用力へと繋げていきます。

解き方の幅を広げる

解き方の幅を広げる答えを導く場合、図を描く、立式をする、グラフを用いるなど、様々な方法が使えることを認識させます。その過程でオーソドックスな方法を学ぶことはもちろんのこと、子どもたち自身が複数の解き方の中から問題に応じて最も適切な方法を使うことができるように指導しています。

過去問題演習

問題傾向を理解し、中学校受験に勝ち抜く力をつける中学校受験に向けて6年生の2学期から過去問に取り組みます。やさしい問題から取りかかり、目標とする中学校の入試問題傾向を理解します。当然、小学校の教科書レベルを超える内容にも踏み込んで指導していきます。結果として志望する中学校の過去問を解く力のみならず、中学校受験に勝ち抜く力を身につけます。

算数のニュース一覧ページへ

社会

問う、そして考える

本校の社会科では、興味関心を持ち、自ら学習問題に取り組める子を育てています。たとえ遥か昔の時代の出来事であっても。たとえ行ったことのない土地のことであっても。「ほうっておけないぞ」「何とかしなきゃ」「みんなで考えたい」そんな思いを持つことから授業ははじまります。子どもたちが社会の一員として「将来を生き抜く力」を本校の社会科で育てています。

子どもたちの声で学ぶ授業

学び合いながら、問題解決に迫るホワイトボードを活用したグループワーク。討論。プレゼンテーション。授業では、子どもたち同士が生き生きと交流できる場をつくっています。友だちの考えから新たな気付きを得て、自身の学びを深めていきます。

研究しよう!私のお気に入り◯◯県の◯◯

調べる力、伝える力、聴く力「北海道の札幌ラーメン」「大分県の温泉」など、本校では子どもたちが紹介したい地域とテーマを選び、調べ学習を行います。本での調べ方、インターネットの使い方、資料のまとめ方などを主体的に学んでいくことで研究の素地を培います。また、研究発表会ではプレゼンの基礎を身につけます。身を乗り出して、友だちの発表を聴こうとする姿も印象的です。

情報と東日本大震災

現場に思いを馳せる被災情報を載せるべきか。被災者を勇気づけるようなニュースを載せるべきか。被災地の新聞社は、読者の受け取り方を考えながら記事を作成したといいます。社会科では、現場の人の気持ちに立つことが大切です。教師が取材を重ね作成した資料。子どもたちが自ら収集した情報。クラスで共有しながら、学習を深めていきます。

田植え・稲刈り(4年生)

肌で感じる体験学習校外に田んぼを借りてお米を育てています。農家の仕事を事前に学習し、農作業に挑戦します。苦労して刈り取ったお米は、給食でいただきます。全校児童とともに、お米を味わいながら食への興味関心を高めていくきっかけとなります。

現代の課題を考える(6年生)

その年の重大な時事問題を把握する入試対策の一環として、6年生の最後にその年の重大な時事問題を学習しています。社会について広く関心が持てるように、教科書だけではなく新聞も一通り目を通しておくように指導しています。

社会のニュース一覧ページへ

理科

発見から「科学する心」を育てる

自然の事物・現象について実感に伴った理解を図り、科学的な見方や考え方を養うことを目標としています。「自分たちで実験を企画する」という“実験力”を大切にしているため、授業では失敗する時間を設けて納得するまでじっくりと実験に取り組めるようにしています。「楽しくわかる」をキーワードに理科好きを育てていきます。

タブレット端末の活用

記録・整理・伝える力を身につける本校の理科ではタブレットを導入しており、理科の授業がはじまる3年生の段階から実験の記録や整理に活用しています。また、表現する力をつけるため、自分たちが行った実験のプレゼンテーションにも活用しています。情報を整理し、わかりやすく相手に伝える力を伸ばしていきます。

ミステリーパウダー(5年生)

自分たちで実験を考え、答えを追及する本校では、習得した知識・技能の活用を目的とする「パフォーマンス課題型授業」を年間の指導計画に組み込んでいます。そのひとつが5年生で行っている「ミステリーパウダー」です。子どもたちは知識を活用して自分たちで実験を企画し、5つの白い粉の正体を調べていきます。このパフォーマン課題型の授業は高学年になるにつれて数を増やし、実験力、追求する力を次第に高めていきます。

Egg Drop Contest(6年生)

仲間と競いながら、科学力を吸収する「Egg Drop Contest」は「コンテスト型授業」のひとつです。落下したタマゴが壊れないような装置を作製し、その性能を競う科学コンテストです。各自がMVPを目指して、タマゴを守るプロテクターをつくっていきます。このコンテスト型の授業は本校理科の特長です。4年生では「ペーパーブリッジコンテスト」、5年生では「発電プロジェクト」や「ザ・サバイバル」、6年生では「ペットボトルロケットコンテスト」など多くの科学コンテストを実施しています。一人ひとりが試行錯誤しながら科学力を吸収していきます。

ものづくり

自分で設計して科学を利用したおもちゃを作る学習内容と生活を結びつけるために、実験、観察だけでなく「ものづくり」の時間も大切にしています。電気や磁石、光、音など、科学の力を利用したおもちゃや実験器具を、一人ひとりがその仕組みを考えながらつくっていきます。また、自分で設計して自由につくる「自由工作」にも力を入れています。

卒業研究(6年生)

積み重ねた科学力を発揮する本校の理科学習は「自由研究」を最後の学習としています。 6年生のまとめという意味だけではなく、「小学校理科の総まとめ」という意味があります。言いかえれば「卒業研究」です。ここではテーマを決めるところから実験の企画、レポートの作成まですべて自分一人で行っています。十分な時間を保障し、一人ひとりが積み重ねた科学力を存分に発揮する場となっています。


観察台

「?」を「!」に変える宝仙自慢の観察台本校には、子どもたちが自分で見つけて理科室に持ってきた「何これ?」という動植物について、理科の教師が答えを調べた後、コメントと写真を載せたカードを添えて展示する「観察台」という活動があります。これは開校当時から続いており、自然への興味関心が芽生えるきっかけとなっています。カードはすでに40,000号を超えており、休み時間になると、毎日更新される観察台を楽しみに子どもたちが集まってきます。子どもと教師、みんなでつくり上げていくこの観察台は、宝仙の自慢のひとつです。

理科のニュース一覧ページへ

英語

「コミュニケーション力」を育てる

本校では全学年を通して英語の授業を取り入れています。英語の基礎学力を修得することはもちろん、相手への理解や自己表現の大切さを学び、コミュニケーション力を育みます。低学年では楽しく語彙力を身につけ、5・6年生では自己アピール力を高めます。6年間で英語に対する抵抗感をなくし、異文化を楽しめる子どもを育てます。

英語

楽しく学び、英語に対する抵抗感をなくすあいさつやゲームから正しい発音と単語の基礎を楽しく学び、英語に対する抵抗感をなくしていきます。また、「フォニックス」を使い、はじめて出合った単語でも発音がイメージできるように指導しています。

ネイティブ教師

生の英語に触れ、興味関心を高めるネイティブの先生と一緒に過ごすことで英語に対する親しみがわいてきます。英語を身近に感じることで興味関心が高まります。そして、何よりも生の英語に触れられることが最大の魅力です。

グローバルキャンプ

ネイティブの学生と過ごし、異文化に触れるグローバル化に対応すべく、海外の学生が集まるグローバルキャンプを企画しています。ネイティブの方と生活をともにできることは、コミュニケーション力を身につけるうえで貴重な体験となっています。

動物当てクイズ Guess What Animal I am!

想像力を働かせ、協力して問題解決を試みる1年を通して学んだ表現を最大限に活用し、教師がどんな動物になっているかを当てるクイズを行います。 “Are you green?(あなたは緑色ですか?)”“Do you like insects?(あなたは虫が好きですか?)”“Can you swim?(あなたは泳げますか?)”など、みんなで質問をして答えに到達していきます。想像力を働かせながら問題解決を試みる力を養います。

場所当てクイズ Place(4年生)

質問に対して、連想しながら英語で答える生徒二人がみんなに見えないように場所のカードを引き、全員が答えを当てるゲームです。“Where is it?(そこはどこ?)”と質問し、カードを引いた二人がそこに何があるか、どんな人がいるか、何をするかなどを連想しながら英語でヒントを出していきます。生徒同士で質問と答えを考えるクイズを通して、楽しみながら英語でコミュニケーションが取れるようになることを目標としています。

英語のニュース一覧ページへ

理科工作

疑問を抱き「解決に向けて行動」する

児童がすでに持っている自然に対する素朴な疑問を少しずつ科学的なものに変容させていく授業が、1・2年生の2年間に行う「理科工作」です。身近なものを使って物をつくり楽しく遊び、驚きや疑問について自分たちで考え解決に向けて行動することを習慣化していきます。2年間で問題解決能力や自然に親しむ態度、科学的な見方・考え方などを培い、3年生の理科につなげていきます。

紙コップロケット

たくさん失敗しながら答えを追及する2つの紙コップと輪ゴムを使いロケットをつくります。ゴムの性質を理解して輪ゴムを追加するなど、さらに高く飛ばすにはどうしたら良いかを自分たちで仮説を立てて試していきます。失敗や成功をたくさん経験することで問題を追及し、実践する能力を養います。

ペットボトルの空気砲(2年生)

つくった物が他の人の遊び道具になる喜びを味わうペットボトルと風船を使い「空気砲」をつくります。空気の力を理解し、さらに強い力で的に当てる方法を考えて試していきます。この空気砲は、宝仙祭の来場者に遊んでもらったり、未就学児にキットを配ったりしました。自分のつくった物で楽しんでもらえる経験は、子どもたちの大きな喜びとなり貴重な体験となっています。

理科工作のニュース一覧ページへ

図画工作

「心の解放」から個性を開花させる

本校の図画工作は、ただ作る、描くという“作業”にならないようにしています。まずは新しいものに触れて心の解放をし、自分の発想を大切にして制作しています。道具の使い方などの制作の基礎・基本もしっかりと指導しながら、子どもたちの五感をフルに活かして制作をしていきます。好奇心と遊び心を持って制作する課題を通して、一人ひとりの個性を開花させていきます。

パペット劇場

様々な発想をまとめ、自分たちでつくり上げる紙をくしゃくしゃにして思い思いにつくったパペットをもとにグループで配役を決め、脚本、演出、大道具をすべて自分たちで考えて劇を発表します。図工は一人の作業が多くなりがちですが、様々な発想をまとめながらひとつの作品を完成させる協働的な活動は貴重な経験になり、大きな充実感も味わえます。

木彫「船」

彫刻刀を使い、遊べるものを作る彫刻刀の安全な使い方を身につけるために、木彫の「船」をつくり、水に浮かばせて遊びます。コツコツと努力してつくった自分の船が風を受けて水の上を走る様子は、子どもたちにとって大きな満足感があります。本校では「遊べるものをつくる」という、楽しい内容の授業を取り入れています。

ピタゴラ装置シリーズ

卒業制作で後輩に作品を残す本校の卒業制作のコンセプトは『自分たちで良い学校環境をつくっていく』ことです。そのため毎年6年生は、「次の人たちのためにつくる」という奉仕的な精神を持ち、後輩のための作品をつくっています。特に人気があるのが、ビー玉を転がして遊べる連動装置「ピタゴラ装置」です。一人ひとりが試行錯誤しながら、ビー玉が連動する「遊べる卒業制作」を完成させます。トライアンドエラーし、自分のアイデアを具現化していく最後の課題です。

図画工作のニュース一覧ページへ

体育

「運動・スポーツに親しむ」ための基礎をつくる

多くの運動・スポーツを知ることや経験していく中で、生涯にわたってそれに親しむための基礎をつくります。1〜3年生はあそびの中で全身運動をしていきます。「走る・止まる・投げる・跳ぶ・転がる」など、多くの要素があそびの中に盛り込まれています。また、持久走など忍耐力を必要とするものは、各自で目標を常に意識しながら取り組みます。学年が進むとキックベースやバスケットボール、タグラグビー等のチーム活動を多く取り入れ、チームワークを学んでいきます。勝ってよし、負けてよし。もめごとも経験のうち。仲間を応援し、自分たちで審判をし、相手をたたえる。グループで考え工夫し、関わり合う中で子どもたちの関係も深まっていきます。そういった経験を繰り返しながら、自分の好きな運動やスポーツを見つけていって欲しいと思います。

運動会

一致団結による達成感を味わう全員の息がピッタリと合った時の楽しさ、そしてその場にいる全員がひとつの目標に向かって夢中になる時間は子どもたちの心に強烈に残ります。この日のために練習で積み重ねてきたことを精いっぱい発揮します。

剣道

日本の高い精神性を学び、心を磨く礼法、着装・たたみ方、素振りをしっかりと身につけた後、防具をつけて対人稽古をします。6年生は1年かけて身につけた道着のたたみ方を5年生に教えて、互いに学ぶことの大切さを経験します。所作から日本の伝統を、剣の理法から高い精神性を学び、心を磨きます。

着衣水泳

水の中でも慌てず、自分の命を守る水難事故から身を守れるようにするため、様々な体験をします。命の守り方を学ぶとともに、命の重さ、大切さを学びます。

体育のニュース一覧ページへ

音楽

「自ら音楽に参加」して楽しむ

歌うこと・楽器を演奏することを経験しながら自分から進んで音楽に参加できるように、音楽の基礎を指導しています。音符を読む、歌詞の理解を深めて良い発声・姿勢・表情で感情を込めて歌う、鍵盤ハーモニカやリコーダー、打楽器などの楽器を演奏するなど、できることを増やしながら深く音楽を楽しみます。

宝仙祭

みんなと協力してひとつの音楽をつくる毎年、学年合同で演奏を発表しています。4年生では、一人1個ハンドベルを持ち、協力しながらひとつの音楽をつくり上げます。6年生では、鍵盤ハーモニカやリコーダーに、木琴、鉄琴、キーボードなどを組み合わせて合奏しています。

合奏

ハーモニーを意識して仲間とともに演奏する1・2年生では鍵盤ハーモニカを、3・4年生ではリコーダーを練習します。メロディを吹けるようになると、誰がどのパートを吹くと一番良いハーモニーになるか考えて、二重奏、四重奏を行います。6年生では他の楽器も加えて合奏を行い、音楽の楽しさに深く関わっていきます。

鑑賞教室

鑑賞態度を学び、生の演奏を体感する毎年12月に「鑑賞教室」を行っています。静かに聴く、こういうときは体を動かしてもいいなど、鑑賞の態度を事前に学び、琴や三味線、琵琶、尺八などの雅楽やオーケストラで使う管楽器の演奏、弦楽器、打楽器のアンサンブルなど、様々な楽器の生演奏を鑑賞しています。

コンピューター練習

自分のペースで1曲を吹き切り自信をつける自分の譜面を入力したコンピューターの音に合わせて個人練習をする方法を採用しています。ゆっくりの速さで繰り返し練習できるため、効率良く上達できます。吹けるようになると、和音の響きを感じながら二重奏を練習します。ゆっくりでも1曲をきちんと吹ききれた経験は、自信のなかった子どもたちにとっては大きな自信になり、達成感も得られます。

琴(3年生)

和楽器を通じて日本文化に触れる日本の伝統的な和楽器に触れる一環として、本校では琴の演奏を行っています。和楽器で旋律を弾く経験をしてから『春の海』を聞くことで、より理解を深めた鑑賞ができます。縦書きの楽譜に触れるなど、日本文化を知ることができる良い機会となります。

音楽のニュース一覧ページへ

生活

身近なものに「興味関心」を抱かせる

3年生からはじまる社会と理科の前段階として、植物や生き物を育てて命の大切さや成長することの大変さを学んだり、街に出て身近な社会の人と関わったり、自然現象を体験したりします。身近なものに興味関心を抱き、五感で感じながら実物に触れて経験を積むことで、子どもたちの世界を広げていきます。

心を伝えよう

疑似体験から相手の気持ちを考える社会に出ると目や耳の不自由な人など様々な人がいます。本校では、具体的にアイマスクを使った疑似体験や点字、手話を学び、そうした人たちの気持ちや関わり方について考えています。社会の中で自分にはできるかということに目を向ける意識も養います。

自分物語

家族や周りの人へ感謝の気持ちを抱く物心のつく以前の自分の話を両親にインタビューすることで、自分がどれだけ多くの人々に支えられて成長しているのかを知ることができます。生まれてから今日までの生い立ちについて1冊の本にまとめる「自分物語」は、家族や周りの人とのつながりに感謝するきっかけをつくります。

新聞作り

上手に伝える工夫を考える本校では1年生の「みかん狩り」以降、どの学年も校外学習の体験をまとめた新聞づくりを行っています。子どもたちは楽しみながら上手に伝える方法を考えます。絵を加えたりクイズを入れたりと読み手を意識してつくる中で、「伝える力」を身につけることもできます。

生活のニュース一覧ページへ

生活家庭

「家庭生活に必要な技術」を身につける

家庭生活に最低限必要な技術・知識を身につけます。裁縫には特に時間をかけており、手縫いでは生活に役立つ物やマスコットなどの小さな物を、ミシン縫いでは手さげ袋やクッション、エプロンなどの身近な物を制作します。また、調理実習では基礎を学び、自分の役割を把握しながら協力して料理を仕上げていきます。

ランチョンマットをつくろう

計画的に思い通りの物を完成させる手縫いでランチョンマットをつくり、絵や名前を刺繍します。サイズを計りチャコペンでしるしを付けたところをその通りに縫えること、計画的に制作を進めることを目的としています。

エプロンをつくろう

裁縫技術を身につけ、使えるものをつくる本校の裁縫では手縫いとミシン縫いが最低限できるような指導を行っています。そのまとめとして自分たちのエプロンを制作します。布を自分のサイズに合わせて裁断した後、三つ折りにしてミシンでまっすぐに縫い、自分で考えた絵柄をポケットに刺繍します。身につけた技術を活用して自分だけのエプロンに仕上げていきます。

おみそ汁を作ろう

調理の基礎を学び、食への興味を高める班で協力しておみそ汁をつくります。いちょう切り、さいの目切り、たんざく切り、小口切りと自分で具をカットし、煮干でのだしのとり方やみその適量を覚えます。包丁の使い方や具材の切り方などの基礎を学び、食への興味を高めます。

生活家庭のニュース一覧ページへ

道徳

「道徳的な判断力」「心情」「実践意欲と態度」を育む

児童には、互いに尊重し協働することができる人、多様な価値観を認めながらもより良い方向を自分で考えて判断し、実践できる人になって欲しいと考えています。そこで、本校の道徳では「した方が良いことはわかっている」けれども「なぜできないか」を本音で話し合い、気付きを心に溜めていきます。本校の教えである「合掌(感謝)・奉仕(人につくす)・慈悲(思いやり)」や「十の戒め」のもと、「道徳的な判断力・心情・実践意欲と態度」を育みます。

生命を救いたい(生命尊重)

「命の大切さ」について自分の考えを持つ(合掌)資料『ありがとうチャンプ』を読み、交通事故にあった犬のチャンプの世話をする三浦さんの気持ちを想像します。弟のキャバを助けたチャンプについて話し合い、「命の大切さ」について自分の考えを持つことを目的としています。命はかけがえのないものであることを理解し、今生きていることに感謝する心を育てます。

働く楽しさ(勤労)

「人のために働くこと」の素晴らしさに気付く(奉仕)資料『大そうじ』を読み、もえさんが丁寧な心で窓ふきをしてお父さんにほめられた時の気持ちについて考えます。自分を振り返り、「丁寧な心」で働いたときの気持ちを思い出し、人のために働くことの気持ち良さや素晴らしさに気付いていきます。

本当の友だち(友情)

友情や思いやりの素晴らしさを実感する(慈悲)資料『友だち屋』を読み、お金をもらって友だちの役をしているキツネが「それが本当の友だちか」とオオカミに言われたときの気持ちを考えます。過去を振り返り、友だちは損得では行動しないこと、友情や思いやりは心の温まる素晴らしいことだということを実感し、「本当の友だち」について話し合います。

道徳のニュース一覧ページへ