公開授業研究会 山崎剛士教諭

2016/11/28

研究活動

11月25日金曜日、本校の教育研究、また初任者研修実務実習校の活動の一端として、公開授業研究会を開催しました。

講師に、東京私立初等学校協会、理科部主任の瀧場進先生(国本小学校教諭)をお招きし、外部からも多数の先生方にご参加いただきました。

当日は、山崎剛士教諭の4年理科の授業を参観いただき、その後授業を巡っての話し合いを行いました。

 

授業単元は「もののあたたまり方」です。今回は「水はどのようにあたたまっていくのだろう?」をテーマに、各グループで実験を企画し、実際に実験を行い、テーマに迫っていく活動でした。

どのグループも良く考え、実験に取り組んでいる姿がありました。

授業を巡っての話合いの中でも、本校の子どもたちの意欲を持って取り組む姿に驚いたという声も聞こえてきました。

 

その後、講師の瀧場先生より「ミドルレンジのスキル」というテーマで講演をいただきました。普段の自分の振る舞いをふり返る機会となり、大変勉強になりました。

授業者はもちろん、参加された先生方にとっても、学びの多い、充実した研究会となったのではないでしょうか。

研究部主任 吉金佳能

*ご参加いただいた先生方*

お忙しい中、本校の公開授業研究会にご参加いただき、ありがとうございました。皆様からいただいたご指導、ご助言は、今後の研究活動に活かしていきます。

 s-DSC02552  s-DSC02581
 さて、対流が見られるかな?  実験の様子はiPadで記録
 s-DSC02561  s-DSC02586
 あっ、浮いてきた!  お、よくわかるね!
 s-DSC02589  s-DSC02595
 活発な話し合いがなされました  付箋を使ったワークショップ型の話合い

 

 

登録タグ一覧
4年
ICT
理科
研究