保護者による出張授業

2017/09/18

研究活動

9月14日木曜日 6年生理科 出張授業。

在校生保護者であり、気象庁にお勤めの五十嵐洋輔さんによる出張授業が行われました。

今回は「気象庁の仕事と地震」というテーマで授業をしてくださいました。
気象庁の仕事の話からはじまり、教科の学習にもきちんとつなげてくださいました。気象庁に勤めていないと決して知ることのない、いろいろなエピソードが、子どもたちの興味関心を高めていました。また、子どもだちがどんな質問をしても、授業につながる回答をしてくださっていて、さすが専門家だと感じました。

子どもたちの感想を見ると、教科の内容だけでなく、仕事の話も聞けたことが、より深い学びにつながったという意見が多かったです。また、なぜ気象庁に勤めたのかなどもお話いただけたことで、自分の未来をイメージした子もいたようでした。

教師視点からだと、教科書とは違う切り口の授業で、自身の授業を見つめ直すことにもつながりました。

理科部 吉金佳能・鴻巣将一朗

*保護者の方の出張授業ははじめての試みでしたが、今後はこうした取り組みを広げていきたいと考えています。宝仙とつながりのある方の力をお借りして、より豊かな学びを実現させたいという思いがあります。どうぞご協力宜しくお願い致します。

登録タグ一覧
6年
保護者
理科