6年生 卒業旅行

2018/02/16

学校行事

 2月12日~14日。中学入試を終えた6年生たちは、最後の宿泊行事「卒業旅行」へ出かけました。3日間で、奈良・大阪・京都を巡る旅。子どもたちも今か今かと、心待ちにしている行事でした。

1日目に訪れたのは、奈良でした。最初に私たちを歓迎してくださったのは、世界最古の木造建築「法隆寺」。そのたたずまいを趣深く感じました。そして、薬師寺でのお坊様のありがたくも愉快な法話。とてつもない大きさに圧倒された東大寺の大仏。なんと中指は約150cm。ちょうど、6年生の子どもの身長と同じくらいというのですから、驚きの迫力です。奈良公園で鹿たちとふれあったこともいい思い出です。古都奈良の文化を1日という短い時間ではありましたが、満喫しました。

子どもたちが最も楽しみにしていたのは、なんといっても2日目の活動でしょう。大阪のユニバーサルスタジオジャパンで、開園時刻からお昼すぎまで、存分に遊びました。途中で雪も降りましたが、ほとんど気に留める様子もなく……行先や食事なども友だちと相談をして決め、帰るころには両手いっぱいにお土産をぶら下げて歩く子の姿も見られました。

最終日は、京都巡り。学問の神様が祀られている北野天満宮に、中学入試の御礼参り。「無事に受験を終えることができました…」ほっとした表情を浮かべながら、手を合わせました。

鹿苑寺金閣、慈照寺銀閣の境内を歩き、最後は清水寺へ。改修工事中ではありましたが、清水の舞台から見る絶景は、大変心を打つものがあったようです。お土産を買う自由時間にも、清水寺へ戻ってその景色をもう一度堪能する子もいました。

2泊3日。東京にはない景色を感じながら、友だちとかけがえのない時間を過ごしました。卒業まであとわずか。卒業旅行の時間は、残り少ない小学校生活を、より温かく、濃いものにしてくれることを願っています。

6年担任 蒔田紀彦・加藤朋生

登録タグ一覧
6年