宝仙学園小学校

公開授業・学校説明会

資料請求・問い合わせ

交通アクセス

宿泊行事

宿泊行事

"本物"の豊かな体験が、心を育てることにつながります。いろいろな事物に感応し、五感を刺激されることが、好奇心を高めることにもつながります。
一緒に生活する中で、「自分で自分の事ができる力」「仲間と協力する力」が自然に身に付きます。

2年生「忍野村林間学校」 (7月中旬/2泊3日)

小学生で初めての宿泊です。「自分で自分の事ができる」「みんなで協力して過ごす」ことを目標にして、宿泊での過ごし方の基本を学習します。富士山のふもとで、樹海のハイキングや川魚の水族館見学、ブルーベリー狩りなどの楽しい体験もします。

樹海ハイキングの後は、"コウモリ穴"の見学に行きます。一人ひとりがヘルメットをかぶって、ちょっとした探検気分です

小学校生活で最初のキャンプファイヤーです。

大きな炎を囲んで、歌ったりゲームをしたりします。

水族館と公園で、みんなで楽しく過ごします。学校以外で元気いっぱい遊ぶことだけで、子どもたちは大満足です。

ブルーベリー狩りで、自分が収穫した果実は、美味しいお土産になります。最終日の楽しい体験です。

3・4年生「岩鞍林間学校」 (7月中旬/3泊4日)

2学年合同の宿泊です。学年を超えた縦割りの活動を通して、普段とは違った仲間とも楽しく過ごす体験が盛りだくさんです。大自然に囲まれた川遊び、豊かな畑での新鮮な野菜収穫体験などがあります。

宿舎の裏には、ゲレンデに広々とした草原が広がります。大自然の中でいろいろな体験をします。

(写真は"連凧を作ってあげよう!"という活動です。)

なかなか普段できない体験がプログラムに入っています。薪割り・ピザ生地作り・豚汁作りなどをします。慣れない手つきですが自分で作ったご飯は美味しいですね。

畑の土の感触を"はだし"で歩いて感じます。「つめたーい!」や「やわらかーい…」とか、素直な声が上がります。アスファルトに囲まれた街中ではできない、貴重な体験です。

暑い夏に、冷たい川の水につかって遊ぶほど、気持ちの良いことはありません。みんなが一番楽しく過ごす時間です。

5年「戸隠林間学校」 (7月下旬/3泊4日)

高学年としての宿泊行事では、大きな達成感を味わうことが目標です。

初日、善光寺淵之坊で精進料理を頂いた後に、善光寺見学。その後戸隠へ移動し戸隠神社奥社参拝です。荘厳な雰囲気に心が洗われるようでした。

2日目は瑪瑙山登山。ホテル前のゲレンデを登ります。美味しい空気と気持ちよい風、綺麗な景色。山頂では途中の辛さも忘れてみんな笑顔でした。

3日目長野の名産品作りの体験と川遊び。夏の川遊びはなぜこんなに気持ち良いのでしょう。こどのたちの笑顔はいつも以上に輝いています。

3日目の夜は林間学校恒例のキャンプファイヤー。

子どもたちが企画を担当しました。仲間と火を見つめ戸隠での思い出をふり返ります。

6年「白樺湖林間学校」 (7月下旬/3泊4日)

6年生の林間学校では、自分たちで企画を担当するイベントなども盛り込まれていきます。

初日は「黒曜石ミュージアム」を訪れ、縄文時代の生活について見学し、黒曜石のペンダント、縄文の織り物、石斧作り、骨角器の体験をしました。

二日目は、車山と八ツ島原湿原のトレッキングです。さわやかな青空の下、ニッコウキスゲが咲くコースを通って、湿原まで歩きます。気持ちの良い汗をかくことができました。

3日目は、午前中に飯盒炊爨を行い、午後は白樺湖でのカヌー体験です。カヌーに乗って、のびのびと水面をすべるように進む子ども達は、自然と一つになったことを喜んでいるかのようでした。

4日目は、牧場で「バター作り」「ソーセージ作り」を体験しました。最終日に、"命をいただく"という話と体験をすることが、6年生の林間学校の締めくくりになります。

「テニススクール」 (8月初旬/3泊4日)

3年生以上の希望者を対象に、那須高原でテニススクールを行います。午前中にテニスのレッスン、午後はテニリンピックというテニスゲーム大会やスイカ割り、川あそびなどさまざまな体験をします。テニスあり、遊びもあり、あっという間の3泊4日間です。

「スキースクール」 (1月初旬・3月下旬/3泊4日)

1月と3月、3年生以上を対象に、スキースクールを行います。初級者から上級者に分かれて、楽しくスキーのレッスンをします。3日目には、スラローム大会があり、優勝目指して頑張ります。初めてスキーをする子どもたちも4日間で山頂から上手に滑り降りてくることができるようになります。講習内検定も実施しています。


毎年多くの希望者が集まるスキースクール。他学年のお友達がたくさんできます。

「卒業旅行」 (2月中旬/3泊4日)

中学受験を終えてから、6年生は卒業旅行に出発します。奈良・京都・大阪方面に出かけます。6年間の学校生活のまとめとして、仲間とのよい思い出をつくるとともに、貴重な文化遺産に触れ、日本の伝統文化に理解を深める旅行になるようにしています。

初日は、法隆寺と東大寺を見学します。社会科の資料ではよく見かけるものばかりですが、世界最古木造建築の法隆寺や、思った以上に大きい大仏などを実際に訪れることが貴重な体験になります。

「Global Camp」 (3月下旬/2泊3日)

アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど10ヵ国を超える国から集まった学生たちとの、国際交流を目的とするキャンプです。2年生から6年生までの希望者が参加できます。英語を話すことはもちろん、留学生との交流を通して、国際人としての感覚を、幼いうちから体験してもらいたいと考えています。

ネイティブのスタッフと英語だけでコミュニケーションを取ろうと一生懸命になるうちに、外国語で話すことへの抵抗感が少なくなっていきます。自然に会話しようとする感覚がとても大切です。