宝仙学園小学校

公開授業・学校説明会

資料請求・問い合わせ

交通アクセス

学園概要

宝仙学園は、「人を造る」教育を建学の精神としています。

 

教育とは本来、人を養成するものであり、知識のみを植え付けるものではない。
真の教養とは「知識」の量をいうのではなく、それらを自らの人生に生かす「知恵」を養うことである。そして自ら培った知恵をもって、豊かな人格を陶治する。これが宝仙学園の掲げている「人を造る」教育の理念です。

 

「人を造る」教育の成果は、必ずしも学園での修学時代に表れるものではありません。むしろ社会に出て、多くの人とかかわりあうとき、さまざまな人生の課題に直面したとき、自然のうちに表れるものです。なぜなら「人を造る」教育は、知性と品格を兼ね備えた全人的な教育であり、自らの人生を、強く、賢く、豊かに生きる、その土台を固める教育でもあるからです。換言すれば、「人を造る」教育とは「人間力を育てる」教育といえます。

宝仙学園小学校の歴史

1953年 宝仙学園小学校を開校。箱根林間学校を開設。
「観察台」を設置。
1954年 校章・児童制服を制定。「父母会」を発足。
1959年 校歌を制定。
1963年 卒業生同窓会「光葉会」を発足。
1967年 教科担任制を実施。「富士の学校(富士山登山)」を実施。
1970年 全校児童文集「ほうせん」第1号を発行。
1977年 全校計算テストを開始。
1978年 全校漢字力テストを開始。
1979年 体験学習の前身となる勤労体験学習を開始。
1983年 卒業生父母の会「宝友会」を発足。
1988年 理科工作科、生活科を新設。
1994年 「十善戒(十の戒)」の唱和を開始。
2002年 創立50周年。新教育目標を設定。学校週5日制を開始。
2010年 英語を正課の授業として、3・4年生で開始
2012年 創立60周年。講堂をリフォーム。全児童の机・椅子を新調。
2013年 全教室と音楽室にIWB(Interactive White Board)導入。
2014年 ランドセル・女子夏服をリニューアル。
2015年 英語を正課の授業として、1年生から開始。
アクティブラーニングの研究。
2016年 タブレット本格導入。
2017年 制帽リニューアル

関連リンク