リセットする

教育理念

教育理念

宝仙学園は仏教精神を基調に「品格と知性を兼ね備えた人を造る」ことを建学の精神としています。

本校の教育目標

  • 心やさしく 豊かな情操をもつ子
  • 進んで学び 高い学力を身につける子
  • よく考え 最後までやりぬく子
  • 体を鍛え きびきびと行動する子

心の教育

  • 慈悲 “思いやりの心”
  • 合掌 “感謝の心”
  • 奉仕 “人に尽くす”

たしかな学び

高い学力を身につけさせるために本校独自の教育計画に基づき、基礎・基本を重視した授業を展開しています。
授業時数を十分確保するとともに教科担任制や習熟度別学習、放課後の補習など、さまざまな工夫をし、各学年3学期には、次の学年の学習内容を指導します。6年生は1学期に小学校の全課程を修了し、2学期からは国立・私立中学校への進学に向けた指導を行っています。

師弟同行

児童の教育は一方的に指示・要求するだけでは、心身ともに豊かな児童には育ちません。師弟同行が本校教員の基本的な姿勢です。これはまさに教育の原点であり、これまで本校に勤務した教員が築き、今も脈々と流れている本校の校風です。
授業を中心とし、清掃や給食の時間、そして中休みや放課後の時間をともに過ごし、心の交流を図っています。時には優しく、時には厳しく児童に接し、ともに喜びや悲しみを分かち合い、情操豊かな人間の形成を目指しています。