「とどけ ひびけ みんなのおもい」運動会

2019/10/08

学校行事

運動会が終わり、あっという間に一週間が過ぎ、今週から本格的に宝仙祭の練習が始まっています。。

運動会では、改めて「一生懸命な姿」は人の心を動かすものだな・・・ということを感じました。

スポーツ選手だろうと、子どもであろうとそれは変わらないですね。

先週の体育の授業では各クラスで運動会の映像を見ながら振り返りをしました。1・2年生に人気があるのはやはりお兄さんお姉さんたちの種目です。4年生の旗も、5年生のよさこいも人気です。6年生の組体操も「幼稚園でやったことあるからやってみたい!」「担当のお兄さんがかっこよかった!!」「6年生と一緒に組体操したい」など憧れの眼差しで当日を思い出しながら話してくれました。

また、3年生~6年生にはミニ作文を書いてもらいまいしたのでご紹介します。(一部抜粋)

ぼくは、踊りをがんばりました。失敗をしても踊りは点数がつかないと思っていたからです。曲が長いので家でもCDを買ってもらい練習をしました。だから失敗せず踊ることができました。(3年生)
Go Hosenの感想は十字型と星型の隊形移動が一番好きです。理由は曲の中で一番みんなと息を合わせるところだからです。集中したときに「みんなと心を一つにする」ということを感じます。また来年も頑張って新しい最高の運動会にしたいです。You can ,we all can, do anything if we believe in ourselves.(4年生)
ソーラン節は船が魚を釣るという表現で大声を出さないと魚を釣るイメージになりません。この声は「どっこいしょーどっこいしょ」でとてもかっこいいです。家に帰ると父や母にすごいと言われました。嬉しかったです。(5年生)
小学校生活も1つ1つの行事がなくなっていく中で運動会が終わった。最後の運動会。練習が始まったときは最後という感覚がなかったが、9月を過ごす中で「最後」という言葉が自分を変えた気がする。「最後」は自分を成長させてくれる言葉であり、自分にとって新しい一歩となる言葉となった。私は運動会という行事が大嫌いで苦手だったが、「最後」とおもうと自然と本気になり、本番ではドキドキして胸が熱くなった。新しい気持ちだった。これから「最後」が多くなってくるが、また新しい自分に出会うことができるなら「最後」もいい気がする。(6年生)

当日はたくさんの保護者の方々に応援に来ていただき、また、警備・受付から撤収作業まで多くのお手伝いをいただき無事に終えることができました。ご協力ありがとうございました。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

登録タグ一覧
運動会