授業紹介 読書

【4年生 オンライン読書】 

 家にいる時間が多くなった時、こんな時こそ「読書をして欲しいなぁ、、」という思いから、4年生で「読書」の授業をしました。

 第1回目は「私の好きな本」というテーマで、自分の好きな本の紹介をグループセッションで紹介することをしました。
 ここではある男の子が「かあちゃん取扱説明書」のおすすめを力説しているところを、みんな笑いながら聞いている様子は印象的でした。

 第2回は「オンライン読書会」ということで道徳の教科書のコラムにもなっている、ヨシタケシンスケさんの「なんだろう なんだろう」の感想をみんなで語り合う場を作ってみました。
 その中の「『しあわせ』ってなんだろう」の部分だけをピックアップして、グループセッションをしたのですが、テーマが深すぎたので、、、みんなじっくり考え始めてしまったため、ロイロノートに提出してまとめにすることにしました。考えることは悪いことではありません、せっかく考えたのだから、目に見える形でロイロノートを使用しみんなの考えをシェアしました。

 今回、家にいる時間が長いことで、子どもたちなりに考えるところがあると思います。
「しあわせとはなんだろう」普段、じっくり考える時間はなかなかないかもしれません。

 この機会にみなさんもご家族で考えてみるのもいいかもしれませんね。

スライドショーには JavaScript が必要です。