宝仙学園小学校

公開授業・学校説明会

資料請求・問い合わせ

交通アクセス

校長あいさつ

「伝統思考」と「未来指向」そして「自立志向」 宝仙学園小学校校長 日高 好生

宝仙学園は、創立100周年を迎えつつあります。千年の歴史をもつ宝仙寺の仏教哲学が香る学園にあって宝仙学園 小学校は、開校67周年目に入ります。

今、世界がAI社会へと大きく変わり始めました。子どもたちが生きる未来社会の実像が見えない時代に入ったともいえます。
本校は、そんな未来社会に通用する力をどのように身につけていくべきかを研究し実践しています。
そこで、2019年度から宝仙学園小学校が目指すディプロマポリシー(卒業時の児童像)として掲げた
「未来に通用する力」をつけていくための3つの児童像は、
『自ら学ぶ人に』(自主自立)
『ともに学ぶ人に』(協働共立)
『学びを未来に繋げる人に』(未来指向)としました。
今後は、カリキュラムマネジメントを実施し、目指す児童像に向けて具体的な資質・能力の育成へと動き出します。
子どもたち、一人ひとりが学びを自分事とする意識を育て、自己実現者になってほしいと願っています。
宝仙学園小学校は、これからも【子どもたちの未来に向きあう学校】として成長していきます。

関連リンク