リセットする

宝仙小ニュース

ICT教育アドバイザーに平井聡一郎氏

投稿日2021/4/7

学校のHUB化を掲げる本校に、また一人、強力な共同研究パートナーが加わりました。

文部科学省ICT活用教育アドバイザー、総務省地域情報化アドバイザーも務める情報通信総合研究所の平井聡一郎氏です。

本校の「ICT教育アドバイザー」として、本校の教育研究をサポートいただくことになりました。

<平井氏プロフィール>

茨城県の公立小中学校教諭を経て、総和町教育委員会指導主事、茨城県教育委員会指導主事を歴任後、下館南中学校教頭、古河第五小学校校長、古河市教育委員会参事兼指導課長、2017年4月より情報通信総合研究所特別研究員。総務省プログラミング教育事業推進会議委員、茨城大学非常勤講師を歴任。現在は、文部科学省ICT活用教育アドバイザー、総務省地域情報化アドバイザーも務める。Apple ADE 2015。

 

本校のICT教育研究が次のフェーズへいくために、サポートいただきます。ICTで実現したいのは「学習者中心の学び」です。子どもの学びの質を高めることを目標に、ICT機器を活用した授業デザインについて、研究を深めていく考えです。

ICT教育研究部